New to site?


Login

Lost password? (X)

Already have an account?


Signup

(X)

[]

31
Mar 2017

空撮コンテスト発表!

「石垣島ドローンレース2017」にて開催されました空撮コンテストへ、たくさんのご応募をいただきありがとうございました! この度、審査委員による厳正な審査の結果、各部門の入賞作品が決定しました。審査結果を発表いたします! (※応募規定の2分以上ある映像作品に関しては、映像の初めから2分までを審査対象として審査いたしました) 審査委員の方々のコメント 上田晃司:KOJI UEDA 写真家 この度は、石垣島で撮影した素敵な作品ありがとうございました。審査をさせていただきました上田です。 【映像部門】 今回は石垣島の自然の美しさ、ドローン撮影のテクニック、編集技術などを中心に審査させていただきました。ドローンの操縦テクニックは素晴らしい物が多かったです。ただし、映像を見せるとなると、画の見せ方が重要になります。今回の作品は高度の高さもバリーションがあり、動きもありました。ただし、カットとカットの変化が30%未満の物が多かったので、画の変化を付けるには30%以上の変化をつけると良いでしょう。 スピード感の統一や高度の変化をよりつけるとさらによい作品になると思います。ロケーションは石垣島の素敵な場所で撮影されており、とてもよかったです。編集に関しては、慣れもあるとは思いますが、音楽のテンポに合わせて行うと編集はし易くなると思います。 【写真部門】 写真部門は構図、ロケーション、光の読み方、高度などを中心に評価させていただきました。石垣島と言うこともあり、海の綺麗さを表現した写真が多かったかと思います。海の綺麗さを表現するには光の読み方は重要です。順光気味の方が海の色は綺麗に出ますので、海を撮影する方は覚えておきましょう。どの作品も撮影高度はともてよかったと思います。ドローンの広角レンズの活かし方はアングルで変わりますのでその辺も評価させていたいております。とても綺麗な作品ありがとうございました。 河尻亨一:JYUNICHI KAWAJIRI 銀河ライター/東北芸工大客員教授/石垣島クリエイティフフラッグ理事 【映像部門】 ドローン映像は「テクニック」と同時に「企画」が問われるようになっていると思います。 その撮影者ならではの「視点」や「世界観」が感じられる作品を高く評価させていただきました。 【写真部門】 ドローン映像と同様、ドローン写真もその撮影者ならではのオリジナルな「世界の切り取り方」が大切です。今回は「デザイン」という視点から評価させていただきました。 北島清隆:KIYOTAKA KITAJIMA 写真家 【映像部門】 石垣島はタヒチやハワイなどと同じように緑豊かな山があり、世界トップクラスのサンゴ礁にかこまれ、透き通る青く美しい海があり、多くの人々が自然と共存して暮らしている島だと思っています。 そういった特徴をうまく撮影されている映像があるかどうかをテーマにそして楽しみに見させていただきました。 どれも素晴らしかったのですが、もっと編集をリズムよくうまくつないでいたら、編集の動きが速すぎて見ていて疲れてしまう、また 音楽と映像がもう少しマッチしていたらといった作品、少し自己満足的かなといった作品もありましたが、いくつかはテーマにぴったりの作品があり嬉しく思いました。 短期間の滞在で石垣島の特徴を調べ、天候を見て撮影するのはとても難しく、大変だったかと思いますが、空からみた石垣島の美しさにあらてめて感動しました。 たくさんのすばらしい作品をありがとうございました。 【写真部門】 応募点数が少なかったのが残念ですが、応募された写真はどれもしっかり撮影されてました。夕日の写真は逆光の為、ドローンのカメラで一眼レフカメラのようには映らないので撮り方が難しいと思ってます。石垣といえば川平湾なのでやはり川平湾の空撮が石垣島らしいと思いましたが、入賞したサザンゲートブリッジの写真は昨年から共用が開始された人工埋立地にできた 南ぬ浜町ビーチが写っていて新しいアングルで町と海と山並みがしっかり撮影されていて良いと思いました。 コムロミホ:MIHO KOMURO 写真家 【映像部門】 素敵な作品のご応募ありがとうございました。 熟練された技で1カット1カットのフライト技術は素晴らしく、楽しく拝見させていただきました。石垣島のさまざまなロケーションでフライトをし、たくさんの被写体に巡り合ったことと思いますが、それらをどのように1本の作品に仕上げたかがポイントになります。 フライト技術に加えて、イメージの作り込み、音楽の選定、イントロや音楽の盛り上がりに合わせた動画の見せ方も審査の基準とさせていただきました。 【写真部門】 静止画においては撮影するドローンの高度、水平線を配置する場所がポイントになります。比較的、どの作品も高度が高いように思いました。もう少し低めの高度で撮影して、被写体の質感が伝わる風景写真も見てみたいと感じました。風景をハイアングルで撮影できるのはドローンの醍醐味だと思いますので、高高度だけでなく、さまざまな高度から撮影して被写体の写り方を見極めていただけたらと思います。 中山義隆:YOSHITAKA NAKAYAMA 石垣市長 石垣島の大自然を余すとこなく撮影されていて驚きました。今後のドローンを活用した島のプロモーションにも役立てていきたいと思います。 ※五十音順 映像部門 優勝作品 : 「on a fine day ishigaki」 EAUROUGE SPA […]

09
Mar 2017

エアロセンス、自律型固定翼ドローン(VTOL)の離島間飛行実験が石垣島で成功

石垣-竹富間の自律飛行実証実験のプレスリリースが発表されました! エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)と石垣市(市長:中山義隆)は、3月4日に石垣市において、将来的な物資輸送及び広範囲な測量や点検を想定した飛行実験を自社製の自律飛行・垂直離着陸型の固定翼ドローン(VTOL)※で実施し、成功いたしました。   プレスリリース全体はこちらから:http://www.aerosense.co.jp/pressitems/2017/3/9/vtol 動画も公開されています!

05
Mar 2017

石垣島ドローンレース終了!

ドローレースお疲れ様でした!観戦いただきました方々、スポンサーの皆様、選手、関係者のみなさまありがとうございました! 天気も良く迫力のあるレースとなりました。 引き続き石垣島ドローンレースでは空撮コンテストを開催していますので、ぜひご応募ださい!

27
Feb 2017

小林可夢偉選手の選ぶトップ3石垣ドローンレース選考映像と応援メッセージ!

ISHIGAKI DRONE RACE 2017 選手選考委員の小林可夢偉選手よりトップ3選考映像と応援メッセージが届きました! ぜひご覧ください!

24
Feb 2017

ドローンレースコース図、選手組み合わせ一覧発表

ドローンレースのコース図と、選手組み合わせ一覧が発表されました! こちらからご確認ください。 ドローンレースコース・選手・組合表

ニコニコ動画で石垣島ドローンレース生中継決定!

ニコニコ動画で石垣島ドローンレースが生中継されます! ぜひ今すぐ動画のタイムシフト予約をしてくださいね!   動画ページはこちら:http://live.nicovideo.jp/watch/lv289775893?cp_webto=iaplv_share_l

03
Feb 2017

空撮コンテストの審査員発表と締め切りの変更について

空撮コンテストの審査員の発表です! 撮影期間の制限がなくなり、締め切りが3月12日 23:59となりました。審査発表は3月31日となります! 過去にドローンを使って撮影した映像・写真も応募できます!ご応募お待ちしております。

19
Jan 2017

石垣島ドローンレース

3/3,4,5石垣島ドローンレースが開催されます!デジタル無線を使ったレースは国内初ということで、高画質で竹富島を眺める海を駆け抜けるコースでレースが開催されます1 同時に開催されるドローン空撮コンテストでは、石垣島の豊かな自然をユニークな空からの視点で撮影し応募していただけたらと思います! 女性DJによるパフォーマンス、ドローン体験、様々なドローン実証実験など盛りだくさんの内容です! お楽しみください! wholesale jerseys